金沢市
エリア
お知らせ・キャンペーン情報

【施工事例】クリア塗装でお気に入りの外壁をそのままに♪

2020/05/28(木) 

 

皆さま、こんにちは!

ユトリノ工房 店長の河本です。

今回は白山市にて金属系サイディングと下地を活かした

クリア塗装にて施工させて頂いた外壁工事を

ご紹介いたします。

 

※オレンジ色の文字はページ最下部に解説を入れてありますので

もし「これってなんだろう?」と思われましたら

クリックしてください。

最下部の該当箇所にジャンプします。

 

先日白山市のお客様で

2階から雨漏りの音がする、とご相談がありました。

すると二階の洋室の窓のの構造部に雨漏りの跡があり、

2階の窓の周りのコーキングが切れていいることが判明。

他の外壁部分も傷みがあり外壁リフォームを

させていただくことになりました。

 

その際に、お施主様が正面のレンガ調サイディング

気に入っていらっしゃいました。

そこでレンガ調の外壁を活かし長持ちさせる

クリア塗装】をご提案させて頂きました。

 

■Before

 

 

■After

 

 

 

【レンガ調サイディング部分アップ】

 

 

1階部分の素敵なレンガ調のサイディングは、フッ素のクリア塗装によって

光沢のある美しい仕上がりに。

2階部分はレンガ調のサイディングを活かした【ガルバリウム鋼板】で

ブラウン系のお色に決定。

板金の色を選んでいただく為に、

カラーエクスプレスというソフトでイメージを作りました。

こちらで出来上がりの色をご想像いただきながら

お選びいただきました。

↓【こちらが実際にお見せしたイメージです】

 

 

お施主様にもご満足いただけて、

担当者として嬉しい限りです!

 

この度はご依頼いただきまして

誠にありがとうございました!

★その他の弊社の施工事例はこちらから★

https://yutoreno.jp/gallery/

 

■用語説明

 

★コーキングとは

↑お風呂や窓、外壁など、お家の至る所で使われている

隙間埋めのことです。(触るとむにっとするあれです)

画像の赤丸部分のように外壁材と外壁材など

部材がぶつかって破損するのを防いだり

隙間を埋めて水が入らないようにするなど、

建物を長持ちさせる為に重要な役割を担っています。

 

 

 

★サイディングとは

外壁材の一種で、一般的にパネル状のボードを

貼って外壁を仕上げる工法を指します。

板を張り合わせて施工するので、塗り壁に比べて

比較的安く、工期も短めとなっています。

また、工場で作っているので品質も安定しており

デザインや種類も豊富です。

 

★クリア塗装とは

無色透明の塗料を使用した塗装です。

透明なので下地の模様を消すことなく、コーティングできます。

 

【クリア塗装のメリット】

①外壁のデザイン性を保つことができる

 無色透明なので、色や柄、風合いをそのまま活かした

 塗装ができます

 

②外壁にツヤを出しつつ、保護することができる

 

↑今回施工させて頂いた白山市のお宅

 

クリア塗装をすると

写真のようにツヤが出て元の風合いを活かし、

美しい仕上がりを長持ちさせることができます。

 

③チョーキング現象が発生しない

「車から降りてうっかりバッグや服を擦ってしまったら

 白いものがついた…」

なんて経験はございませんか?

実は外壁の塗料の中に含まれる顔料が劣化して起きる現象です。

外壁が劣化しているサインでもありますが、

クリア塗装には顔料が含まれていない為、

チョーキング現象が発生しません。

その代わり、定期的なメンテナンスの時期を

把握しておくことが大切になります。

 

★ガルバリウム鋼板とは

サイディングの中で【金属系サイディング】に当たります。

優れた耐久性を持っており、金属ですが

非常に錆びにくいです。

また、耐用年数も長く20~30年持つと言われています。

価格も窯業系(ようぎょうけい)サイディング

(※セメントや繊維質などが原料の外壁材。デザインがとても豊富です)

に比べると比較的安価でコストを抑えられます。

メンテナンスは地域にもよりますが

年に1~2回ほど定期的に水をかけてあげることです。

雨が降った日の後など、汚れが付いた場合も

水で洗い流すのがお勧めです。

(高圧洗浄は傷がつくのでNGです。)

このお知らせ・キャンペーンについて詳しく知りたい方やリフォームをご検討の方はお気軽にご相談ください
お電話でのご相談も受付中!
0120-410-147
受付時間/10:00~17:00
WEBから無料相談・お見積もり
一覧に戻る
▲ページの先頭に戻る