Blog

ブログ

  1. TOP
  2. ブログ
  3. リフォーム会社が教えるワックスの塗り方

検索

【2021/4/13更新】リフォーム会社が教えるワックスの塗り方

2021.04.13(火) 担当:宮岸 光太郎暮らしのメンテナンス

 

みなさんこんにちは!

ユトリノ工房 営業の 宮岸 と申します。

 

お家のお掃除をしてて【床のワックスがけ】って

気になったことはございませんでしょうか?

「気になっているけど、手を出すのがちょっと面倒…」

「なんだか手間取りそう…」

など、ちょっと複雑なイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

そこで今回は「お家のワックスがけについて気になっている方」へ

【ワックスをかけるメリットとワックスのかけ方】について

ご紹介させて頂きます。

ぜひ、ご参考になれば幸いです!

 

 

リフォーム会社が教えるワックスの塗り方

 

 

年末の大掃除や新生活のときにワックスをかけることで家を長持ちさせることが出来ます。

なぜワックスを塗らないといけないかと言うと、フローリングを保護するためでもあり、キレイを保つためでもあります。

フローリングは自然と傷がついてしまいます。ホコリやゴミなどでフローリングとこすれて細かい傷がつき、その傷が積み重なって目立つ傷になってしまいます。

また、フローリングは木材で出来ていますので、水分に弱く水分が木材に浸透し、木材を傷めてしまう可能性があります。

ワックスはこの『傷』と『保護』をしてくれる、家にとって大事な役割があります。

その大事な床材を保護するためのワックスがけの手順をお知らせします。

 

目次

 ① 道具の準備をする

 ② 動かせる家具を動かす

 ③ 床の掃除をする

 ④ ワックスかけをする

 ⑤ 最後に家具を移動していつもの生活をする

 

① 道具の準備をする

 

最初に道具が必要になります

フローリングの [掃除用道具] と [ワックスがけ用道具] が必要です

 

1・掃除用道具

 

床の汚れをきれいにしてワックスをキレイに仕上がる大事な工程の道具になります。

 

雑巾とアルカリ性洗剤

(雑巾とアルカリ性洗剤)

 

・油汚れを落とすアルカリ性洗剤

・スポンジ(キレイな状態の物を使って下さい)

・雑巾(キレイな状態の物を使って下さい)

・バケツ

を用意してください。

 

2・ワックスがけ用道具

 

計画的に準備をして短時間に集中して終えることが大切。

ワックスがけをやろうと思ったら、道具が揃っているかをまず確認して、作業の途中で買出しに行くことがないようにしましょう。

 

・ワックス塗布用ワイパー

・ワックス用モップ

・ワックスを入れるトレイ

・樹脂ワックス

・ゴム手袋

を用意してください。

 

② 動かせる家具を動かす

 

家具移動

(家具移動)

 

テーブル、イスなど動かせるものは動かしましょう。

重たい家具があると思います。無理をして動かさなくても大丈夫です。

タンスの下のフローリングは、人が歩いたり、水が飛び散ったりしにくいので、そもそもあまり汚れません。思い切って割り切りましょう。

ワックスを塗る必要のある場所は、人が歩く場所や食卓のイスの周りなど傷、汚れがつきやすい場所です。

行動範囲を思い浮かべれば、ワックスを塗らなければいけない場所が見えてきます。

 

③ 床の掃除をする

 

ワックスをかける前に大事な工程があります。それは掃除をすることです。

ワックスがけの工程の中で一番大事な作業になります。

この作業をおろそかにするとワックスの仕上りがきれいにならないのでがんばって汚れを取りましょう。

 

(掃除機かけ)

 

洗剤で汚れを取っています

(洗剤で汚れを取っています)

 

1.掃除機をかけてホコリをとってキレイにしてください。

2.床の黒ずみをマジックリンなどのアルカリ性の洗剤で落としましょう。

 黒ずみは調理中に出る油汚れや、皮脂汚れなどが原因です。

 しっかり落とさないとワックスを塗った後では取れなくなってしまうので、洗剤を用いて出来るだけキレイにとるように心がけましょう。

3.雑巾等で水拭きをして、洗剤、汚れを取って下さい。

4.水拭きをした後は、乾燥をしてください。

 その時に窓を開けて乾燥は避けて下さい。ホコリが舞ってしまいます。乾燥は窓を閉めて行ってください。

 フローリングに水滴が残っている状態でワックスをかけると気泡が出ますので乾燥は大事です。

 

④ ワックスかけをする

 

ワックスの種類になりますがホームセンター等で売っているワックスでとてもキレイになります。

今回は樹脂ワックス(液状)の場合を書いていきます。

 

ワックスがけ

(ワックスがけ)

 

1.ワックス液をトレイに入れ、たっぷりモップに染み込まして下さい。

2.染み込ましたモップでフローリングに塗りこみます。

 その際、モップを一定方向に塗る事をお勧めします。

 一定方向に塗る事で塗りムラをなくします。

注意事項として、ワックスは『こする』のでなく『塗る』ようにしてください。

ワックスの量が少なかったりすると厚い所と薄い所が出来てムラになりますので気をつけてください。

※ワックスを塗る際の注意点があります。

 出入口の奥から塗ってください。 

そうしないとワックスが乾くまで出られなくなります。

ワックスを塗り終わったら扇風機等を使わずに自然乾燥をしてください。

風をあてるとワックスの上にホコリやゴミが付いたりしますので気をつけてください。

季節によって乾く時間は違うと思いますが、湿度のあまりない季節だと30分ほどで乾きますので、乾いたら歩いても大丈夫ですよ。

 

⑤ 最後に家具を移動していつもの生活をする

 

(家具を元に戻します)

 

移動した家具を元の位置に戻して下さい。

家具を動かすときは持ち上げて移動して下さい。

キレイにワックスを塗れたので傷をつけずに運びましょう。

 

 

この記事は参考になりましたでしょうか?

ワックスがけも奥が深いものですね。

でもワックスは家をキレイに保つ大切な役割があります。フローリングを長持ちをさせるためにも定期的にできるといいですね。

また、お困りの際はお気軽に『宮岸』までお聞きください

 



リフォームをご検討されている方は
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

Tel. 0120-410-147

受付時間 / 10:00~17:00

閉じる

スマホの方は電話番号をタップで発信できます。

ユトリノ工房 金沢南支店

0120-410-147

受付時間 10:00~17:00
定休日 毎週水曜日 GW、お盆、年末年始
来店予約
無料見積
会員登録
電話する